キーワードimage01

愛犬にハウスを教えたいけど、どうしたらできるのですか?

ハウスの教え方

安心できる場所

安心できる場所ハウスは犬が自分でゲージやクレートに入れるようにするしつけの事です。
例えば旅行に行った時などにも、移動中にこの命令でハウスに入ると便利ですし、犬にとっても安心できる場所を作る目的も兼ねています。
また、入院時も思わぬ効果があります。
ハウスに慣れていない犬を動物病院の入院室のゲージに入れるとどうなるでしょうか。

入院するという事は犬にとっては具合が悪い状態ですから、ただでさえ気分がすぐれないことに加えて、見知らぬ場所のケージに閉じ込められたら、犬のストレスはマックスになります。
ですが普段からケージを安心できる場所、あるいはいい事が起こる場所と認識している犬はケージに入る事に対してのストレスもかなり軽減されます。

でも、叱る時に罰としてケージに閉じ込めてしまうような事はしてはいけません。
このような事を繰り返す行う事により、愛犬はケージを大嫌いな場所と認識するようになります。

ハウスは楽しいものだと認識させる

ハウスは楽しいものだと認識させるケージの大きさは犬が立ち上がる事が出来る高さで、方向転換もできる広さのものが必要です。
普段はドアを開けたままにしておいて、日に何度かはフードか食べ物をばらまいて、「ハウス」と声で命令しながら食べさせます。
食べ終えた後に犬がケージから出てくる前に数度、手のひらから食べ物を与えましょう。
ケージやクレートの中でおいしいものを食べたり、ごはんをケージの奥に置いて食べさせていると、ケージの中はいい事が起こると愛犬は認識します。
そうすると犬は自らその中に入るしぐさを見せ始めますから、そうなった時にはドアの入り口を閉めてドアごにし食べ物を与えましょう。

初めはドアを閉めておく時間は短めにして少しずつ時間をのばしていきます。
次に散歩の前に、犬をケージやクレートに入れてドアを閉め、その後連れ出します。
ケージやクレートに入ったらいい事があると愛犬に認識させるためです。
犬自身がケージやクレートに入り休んでいる時には、邪魔をしないようにしましょう。
無理やり引きずりだしたりすると犬はケージやクレートの事が嫌いになります。
ハウスを覚えさせないと困る事も多いので、しつけをしておきましょう。

愛犬が椎間板ヘルニアで半身不随になりました。犬用車椅子の選び方は?

犬の車椅子
犬も、椎間板ヘルニアや脳梗塞、事故などで、歩けなくなってしまうことがあります。お散歩好きな犬としてはつらいことですよね。
でも、昔は歩けなくなったら寝たきりになるのが普通でしたが、今は犬用の車椅子が充実してきていますので、体にマッチするものがあれば、またお散歩ができるようになるケースも多いのです。

ネット通販で探す

「犬」「車椅子」と検索すると、さまざまな犬の車椅子を見つけることができます。値段も幅広く、2万円代から10万円以上するものまであります。品質や素材、体の大きさ、障害の度合い、前足か後ろ足かによっても値段がかわってくるので、まずは自分の犬の身長、体重を調べ、どのくらいのサポートが必要かをよく見極めて選んでください。
ものによっては調整や交換が必要になることもありますので、アフターケアが充実したショップを選び、レヴューもチェックしてみてください。試乗できるところが理想的ですね。

オーダーメイド品を作る

犬用の車椅子がなかった時代には、飼い主さんが何度も試作して作ったものです。中にはそのノウハウを生かして、犬用車椅子を製造販売している人もいます。このように犬への愛情が深く、犬の気持ちを知り尽くした人に製造を頼むと、納得のいくものができあがるでしょう。
オーダーメイド品は価格が高くなりますが、犬の体に合ったものができあがり、メンテナンスも安心なのがポイントです。

ドッグウォーカーやハーネスも

快復の可能性があるのであれば、ドッグウォーカーや、歩行補助ハーネスを使う方法もあります。これらは完全に脚力がなくなっていない犬に使う、歩行補助をする道具です。自立歩行がまったくできない犬には適しませんが、補助することによって歩けるのであれば、車椅子を使用する前に検討してみてください。
ドッグウォーカーは、車輪がついた歩行器を専用ハーネスで犬に取り付ける歩行補助具です。歩行補助ハーネスは、犬の体に取り付けたハーネスを飼い主が引っ張って歩かせるものです。これは飼い主の腕力が必要になりますが、リハビリ中など一時的な使用にはピッタリでしょう。

肥満に注意

歩けない犬はどうしても運動量が減ってしまうので、肥満が進んでしまうケースが多いのですが、体重が重いと車椅子の使用やリハビリに支障が出てしまいます。食事量に気をつけ、よくマッサージをしてあげたり、体が軽くなる温水の中で動かしてあげたりして、太らせないようにしてあげてください。
犬も人間同様、太ることでさまざまな病気になりやすくなりますので、体調管理としても気をつけてあげてくださいね。

ペット薬 通販

更新情報

  • ●2016-12-08
    犬にフィラリア薬を飲ませたいのですが100%駆虫できるのですか?を新規投稿しました。
  • フィラリアは蚊が媒介する感染症です。 フィラリアにかかると苦しんだり最悪死んでしまうことがあるので注意が必要です。 飼い主さんが責任を持って犬にフィラリア薬をきちんと飲ませていればほぼ大丈夫です。 Contents1 予 […]

  • ●2016-12-01
    犬のフィラリアの薬はいつからいつまで与えるのですか?を新規投稿しました。
  • 犬に蚊が刺すとフィラリアと言う寄生虫が侵入することがありました。 皮膚の下あるいは筋肉で成長を続け、血液に乗って心臓に運ばれることがあるためにきちんと予防したいところです。 そんなときに役立つのがフィラリア薬ですが、いつ […]

  • ●2016-08-01
    去勢・避妊手術をする利点は繁殖しない以外にありますか?を新規投稿しました。
  • 利点が多い去勢・避妊手術 去勢・避妊手術の利点と欠点 去勢や避妊手術には賛否老両論あります。純血種、雑種犬に関わる事無く、安易に犬を飼う人が増えたので、考えられないような簡単な理由で犬達が放棄されて殺処分されている事、遺 […]

▲PAGE TOP
Copyright(C)2016 www.collaborativegroup.org All Rights Reserved.