犬の薬評価ナビ

犬にフィラリア薬を飲ませたいのですが100%駆虫できるのですか?

フィラリアは蚊が媒介する感染症です。
フィラリアにかかると苦しんだり最悪死んでしまうことがあるので注意が必要です。
飼い主さんが責任を持って犬にフィラリア薬をきちんと飲ませていればほぼ大丈夫です。

予防薬では無く駆除薬

フィラリア薬は予防薬では無く駆虫薬です。
フィラリアは犬糸状虫とも呼ばれており、ソーメンのような長い形となっています。
成虫では30センチもの長さになることがあり、心臓や肺動脈に入り込みます。
この成虫はミクロフィラリアと言う幼虫を産みます。
ミクロフィラリアは血液の中に入り込み、他の蚊に吸われる機会を待っています。
血液を吸った蚊が他の犬を刺すとミクロフィラリアが体内に入り込み、感染が広がっていきます。
1か月に1度飲ますフィラリア薬では1日でほぼ駆虫することが可能です。
心臓や肺動脈に入り込むと駆虫ができなくなるため、忘れずに飲ませて下さい。

いろいろな種類がある

フィラリア薬には錠剤や散剤、チュアブルなどいろいろな種類があります。
錠剤が苦手な場合は散剤、またはチュアブルを選ぶと飲ませやすいです。
特にチュアブルはおやつタイプのために喜んで食べてくれると言うメリットがあります。
その他にもスポットタイプがあり、皮膚に直接滴下して使用します。
チュアブルでも食べてくれないと言う犬にも有効です。
1年間効果が続くフィラリア注射も動物病院で受けられます。
1か月1回飲まさなくて良いので楽ですが、犬によっては注射が受けられないことがあります。

血液検査と体重測定を

心臓や肺動脈に入り込んだ状態で駆虫するフィラリア薬を飲ませると、死んだ虫が血管に詰まることがあります。
毎年飲ませ始める時期が来たら動物病院で血液検査を受けてみて下さい。
フィラリア薬は犬の体重によって量が変わるため、成長して体重が増えていると量も多くすることが必要です。
もし体重が増える前の量を飲ませた場合、十分な効果が出ないことがあります。
体重測定も受けておくと良いでしょう。

犬の薬評価ナビTOPへ

▲PAGE TOP
Copyright(C)2016 www.collaborativegroup.org All Rights Reserved.