犬の薬評価ナビ

犬のフィラリアの薬はいつからいつまで与えるのですか?

犬に蚊が刺すとフィラリアと言う寄生虫が侵入することがありました。
皮膚の下あるいは筋肉で成長を続け、血液に乗って心臓に運ばれることがあるためにきちんと予防したいところです。
そんなときに役立つのがフィラリア薬ですが、いつからいつまで与えれば良いか分かり難いことがありました。

蚊が出始めたら与えるタイミング

フィラリア薬はミクロフィラリアとも呼ばれる幼虫を駆除するために使用します。
その関係上、ある程度感染してから使うことが必要です。
フィラリアは侵入してから1か月から2か月くらいの期間をかけて成長していきます。
フィラリア薬はこの期間中に与えることで幼虫の駆除が行えます。
防虫効果までは期待できないため、蚊が出始めてから1か月後くらいからフィラリア薬を与えます。
蚊が出始めるのは地域によって差があります。
比較的寒い地域では3月から、温暖な地域では4月から出始めると言われています。
その1か月後である4月から5月には与えるタイミングがやってきます。
血液中にミクロフィラリアが多量に入り込んでいる状態でフィラリア薬を与えるとアナフィラキシーショックを起こすことがあるために注意が必要です。
毎年最初の予防時に血液検査を受けたほうが良いでしょう。

いつまで与えるのか

与えるタイミングが分かった後に気になるのがいつまで与えるのかです。
比較的寒い地域で10月まで、暖かい地域で11月まで蚊が出ると言われています。
その1か月後である11月から12月まで与えることが必要です。
1年中蚊が出る地域では1年中フィラリア薬を与えないといけないです。
フィラリア薬は1か月に1度与えることが必要のため、暖かい地域ほど長期戦となります。
1か月に1度では飼い主さんが大変と言う場合は注射を打って貰うと言う方法もあります。
その代わりに子犬には注射は向かないことがあるので注意して下さい。

もし心臓に溜まってしまったら

もし心臓に溜まってしまった場合、病院では治療法があるので大丈夫です。
首の頚静脈から器具を差し込みし、フィラリアの幼虫を除去して行くと言う治療法があります。
しかし緊急事態に限られる治療法であることを把握しておいて下さい。

犬の薬評価ナビTOPへ

▲PAGE TOP
Copyright(C)2016 www.collaborativegroup.org All Rights Reserved.