犬の薬評価ナビ

フィラリアの薬はどの時期にあげればいいの?

犬の飼い主さんにとっては毎年の恒例行事であるフィラリアのお薬。
いつも動物病院の先生に言われる通りに飲ませてはいるけれど、実際いつからいつまで必要なのでしょうか?
フィラリアの薬の投与時期と、その時期に投与が必要な理由をまとめてみました。

フィラリアの薬はいつからいつまで?

フィラリアの薬の投与が必要な時期は、【蚊が出始めてから1ヶ月後~蚊が出なくなってから1ヶ月後】といわれています。
本州では5月ごろ~12月ごろのおよそ7ヶ月間、涼しいため蚊の出現時期が短い北海道では6月ごろ~11月ごろのおよそ5ヶ月間、年間を通して温暖なため一年中蚊が生息する九州南部や沖縄では通年で、フィラリアの薬を投与することが薦められています。
フィラリアの薬には、1ヶ月有効で毎月1回投与する飲み薬タイプのお薬や、首の後ろの皮膚につけるスポットタイプのお薬、または6ヶ月または12ヶ月有効な注射タイプのお薬があります。
どの方法にもそれぞれのメリット・デメリットがありますので、獣医さんや愛犬の性格と相談しながら、どのタイプのお薬を使うか決めていきましょう。

なんで蚊の時期に合わせてフィラリアの薬が必要なの?

フィラリア症(犬糸状虫症ともいいます)は、蚊が媒介する寄生虫によって引き起こされる病気だからです。
残念ながら、フィラリアの幼虫が犬の体内に入ってしまうのを防ぐことはできません。フィラリアのお薬というのは、フィラリアの幼虫が体内に入ることを防ぐお薬ではなく、体内に入ってしまったフィラリアの幼虫を殺すお薬なのです。ただし、感染後15日経過した幼虫でないと殺すことができませんし、成虫になってしまった分も殺すことができません。
ですので、蚊の体内でフィラリアの幼虫が感染力を持ち始める頃~最後に犬の体内に入ったフィラリア幼虫が確実に駆除できる頃ということで、【蚊が出始めてから1ヶ月後~蚊が出なくなってから1ヶ月後】というふうに言われているのです。

結局、フィラリアの薬はどうやって投与したらいいの?

大切なのは、投与が必要な時期を確実にカバーすることです。シーズン最後の投与を怠ってしまうと、シーズン終わり頃に感染したフィラリア幼虫を殺しきれない可能性があります。
最近はネット通販などでフィラリアのお薬をお手頃・お手軽に購入できるようになりましたが、その場合も必ず「どの時期にどのタイミングで投与する必要があるのか」を獣医さんに確認した上で、購入・投与するようにしましょう。

犬の薬評価ナビTOPへ

▲PAGE TOP
Copyright(C)2016 www.collaborativegroup.org All Rights Reserved.